近年、エジプトのピラミッドの遺跡からたくさんの音叉が発掘されました。これは当時、音叉と治療やヒーリングに使ったとかんがえれれています。また、植物をすりつぶしてその薬効効果を治療に使うというのは古代から人の営みには欠かせないものでした。

 

このような古代から伝わる伝統療法を科学的に研究し開発が進められているのが『アロマ音叉セラピー』です。

 

振動している音叉を体に当てながらアロマトリートメントすることで身体の細胞一つ一つに働きかけ肉体を整えると同時に音叉の周波数がその人の持つ目に見えないエネルギー・周波数の部分も整えます。

 

この周波数というのは、指紋や声紋と同じく一人として同じものはありません。また、形のないものなので、現代社会のストレスや快・不快といった感情でも簡単に崩れやすく、この周波数が崩れることで体調不良や不定愁訴がおこりやすくなるようです。

 

アロマオイルは植物を凝縮して液体を取り出したもので、それにはその植物特有の栄養や解毒効果があります。

 

音叉と合わせて使うことで、肌から吸収したアロマオイルはより深く細胞に浸透し、嗅覚から脳に伝わると記憶に働きかけ

心身ともに深い癒し効果がもたらされます。

 

音叉とアロマと掌を使った施術で、心も身体も周波数も整え、健康をサポートします。